★Androidアプリ、iPhoneアプリの徹底レビューサイト|AppLink(アプリンク)

【新着】特集記事

まないた15分_0 フライパン5時間_0 お菓子系_0 まないた3時間_0 まないた1時間_0 まないた45分_0 まないた2時間_0 まないた30分_0
スマホ版 AppLink

千年の巨神

千年の巨神_R

「ぼくレス」のenishが送る本格ディフェンスRPG!! 200種類以上の可愛いキャラクターを手に入れよう!!

ゲーム-シミュレーション

じっくりやり込みたい

2014/11/26

200種類以上の個性豊かなキャラクターが戦場を駆け回る本格ディフェンスゲームはこちら!!
 
千年の巨神_1

千年の眠りから目覚め、世界を支配しようとする巨神に立ち向かうのは、モンスターと心を通わせることが出来る主人公。
様々モンスターを操り、巨神たちを倒していこう!!
 
千年の巨神_2

ストーリーはマンガで展開。なんとなくほのぼのとした雰囲気のイラストだが巨神は手強いぞ!!
 
千年の巨神_3

ということで早速各地で暴れている巨神たちを倒すべくゲームをスタートさせよう。
ステージを選ぶと早速戦闘開始だ。

画面左側に設置されているのが、味方の拠点。
 
千年の巨神_4

画面右側に設置されているのは、敵軍の拠点だ。
 
千年の巨神_5

どちらかの拠点の体力を0にすることが出来れば、ゲーム終了。
味方の拠点の体力がなくなれば敗北、相手の拠点を壊すことができればゲームクリアとなる。

相手の拠点を攻撃するためには味方のモンスターを召喚しなくてはならない。
初めから何匹かモンスターを持っているので、モンスターをタップして出撃させよう。
 
千年の巨神_9

モンスターは、時間で回復する「召喚パワー」を消費して呼び出すことができ、一度モンスターを呼び出すと、同じモンスターを呼び出すまですこし時間がかかる。
 
千年の巨神_8

大まかな流れはディフェンスゲームではお馴染みのシステム。

相手の拠点からもモンスターが出撃し、鉢合わせると自動で戦闘開始となる。
千年の巨神_22

早く、相手の拠点を攻撃するために、モンスターが召喚可能になったら、どんどん召喚していこう。

本作では、1ステージ1ラウンド制ではなく、連戦となる場合もある。
 
千年の巨神_12

次のラウンドでは、相手の拠点を壊した時に出撃していたモンスターが据え置き状態となるので、かなり有利に戦闘を進めることができる。
そういった点でも召喚パワーは惜しみなく使って召喚へのタイムロスを少なくしておきたい。

また、他のユーザーから突如援軍が送られてくることも。フレンド登録していなくても助けてくれるこの機能はピンチの時はとてもありがたい。
 
千年の巨神_23

こちらもSOSのメニューから、他のユーザーに援軍を送ることができる。
 
千年の巨神_14

ステージの最後にはボス戦があり、巨神が待ち構えている。
見るからに強そうだが、そこまでたどり着ける強さがあれば勝てるはずだ。
 
千年の巨神_13

また物語を進めて行くと、様々なメニューが解放される。
 
千年の巨神_15

まずはミッション機能。
 
千年の巨神_16

一度クリアしたステージにもミッションが用意されており、クリアすることで有料アイテムのラピスなどを貰うことができる。
味方モンスターのレベル上げのついてにラピスを貰おう。
ラピスはモンスターガチャを引くことができる重要なアイテム。レアなモンスターをあつめて、パーティを戦略的に組んで行こう。
 
千年の巨神_17
 
千年の巨神_18

続いて合成機能。
戦闘中終了後に稀に貰えるモンスターは、すでに同じモンスターを持っていれば自動的にその場で合成してくれるが、
手動合成では、同じモンスターでなくても他のモンスターをどんどん合成することができる。
また経験値アップのアイテム等もここで合成が可能だ。
 
千年の巨神_24

ホームのレベルアップ機能では、ホームをゴールドで強化することで、連れて行けるモンスターの数が増えたり、召喚パワーの上限が上がったりと良い事がいっぱいだ。
 
千年の巨神_20

その他さまざまな育成機能でチームをより強くし、巨神に立ち向かおう。
 
千年の巨神_21

しっかりとした本格ディフェンスゲームでありながら、「ぼくのレストラン」などを手掛けているenishならではの可愛いキャラクターたちが取っつきにくさを軽減し、ゲームが苦手な方でも入りやすい。
ディフェンスゲームが初めての人でも丁寧にゲームの流れを説明してもらえ遊びやすいアプリとなっている。ユーザー同士の協力も気軽にでき、あまり気負わなくていいのもありがたい。
「千年の巨神」を遊んでディフェンスゲームの面白さを体験してもらいたい。
 
AppLink FacebookPage
ツムツムまとめ